ダンベルはどこで買える?ホームセンター・ドンキホーテ?

スポンサーリンク

自宅で本格的にトレーニングをしようとダンベルの購入を考えているけど、どこでダンベルを買えばよいのかわからないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、「ダンベルが売っている場所」「ダンベルの選び方」「おすすめのダンベル」について紹介していきます。

ダンベルが売っている場所

スポーツ用品店

スポーツオーソリティや、ゼビオといった大型スポーツ用品店に行けばダンベルを買うことができます。

スポーツ用品店であれば、スタッフもスポーツの知識が豊富な方が多いので、筋トレ初心者の方でも気軽に相談することができるメリットがあります。

ネット通販

ダンベルを購入するのに一番おすすめの方法はネット通販を利用することです。

ダンベルは大型スポーツ用品店だと20kgほどのダンベルしか買うことができませんが、ネット通販であれば、40kg50kgといった高重量のダンベルセットを購入することができるので、本格的に筋トレを始めようと考えている方はネット通販サイトを利用して購入するのがおすすめです。

しかもネット通販なら自宅までダンベルを配達してくれるので、重いダンベルを運ぶ手間も省けます。

ヤフオク・メルカリ

中古で安い値段でダンベルを入手したいという方は、ヤフオクやメルカリといったサイトを利用するのがおすすめです。

ダンベルは多少傷や汚れが付いていても、使用する分には特に問題がないので、中古でも問題なく使用できます。

ただし、基本的に出品者は個人の方が出品しているため、発送に時間が掛かったり、梱包がいい加減といったトラブルが起きるリスクもあるため、注意が必要です。

ホームセンター

ホームセンターではだいたいの店舗で、ダンベルが売られています。

しかし、ホームセンターに売られているダンベルは種類も少なく、重さが10kg程度のダンベルしか売られていないため、本格的にトレーニングをしたい方にはおすすめできません。

ドンキホーテ

ドン・キホーテも筋トレグッズが売られているコーナーに行くとほとんどの店舗でダンベルが売られています。

しかし、ドン・キホーテもホームセンターと同様に10kgほどのダンベルしか売られていないため、あまりおすすめできません。

100均

ダイソーやセリアといった100均にも一応ダンベルは売られていますが、1kg~3kgほどの軽量のダンベルしか売られていないため、ダンベルを購入する場所としてはおすすめできません。

スポンサーリンク

ダンベルの選び方

ここからはダンベルの選び方について解説していきます。

可変式を選ぶ

これから本格的に筋トレを始めようと考えている方は、ダンベルを選ぶ際は可変式のダンベルを選ぶようにしてください。

重量固定式のダンベルだと10kgのダンベルなら10kgでしかトレーニングできず、筋トレを重ねて筋力がアップしたときに重さを変えることができないので、とても不便です。

それに対して可変式であれば、プレートの枚数を変えるだけで簡単に重量を変更できるので、1セットあれば、あらゆる重さで筋トレすることができます。

重量別に違うダンベルを用意するのは、場所も取りますし、お金もかかるのでダンベルを選ぶ際は必ず可変式を選ぶようにしましょう!

ダンベルの重量

ダンベルの重さは初心者の場合、男性で40kgセット(20kg×2)女性で20kgセット(10kg×2)が目安の重さとなります。

ただ、男性の場合、筋トレを本格的に行うと数か月~半年で40kgセットでは物足りなくなるので、最初から60kgセット(30kg×2)を購入するのもアリです。

ラバーが付いているか

ダンベルのプレートにはラバーの付いている物と鉄がむき出しになっている物があります。

ラバー付きのダンベルは、床面の傷を保護したり、プレートとプレートがぶつかり合う音を小さくする効果があります。

マンションやアパート暮らしで、床に傷を付けられない方や騒音が気になる方はラバー付きのダンベルを買うと安心です。

ただ、ラバー付きのダンベルは少し値段が高いというデメリットがあります。

ブロックダンベル

ブロックダンベルは、ピンを抜き差しすることで、数秒で重量を変更できるため、一般的なダンベルよりも圧倒的に使いやすいメリットがあります。

さらにブロックダンベルのすごいところは、本体自体が収納スペースとなっているため、プレートを別の場所に置いたりする必要がなく、非常にコンパクトに収納できるようになっていることです。

ただ、一つ気になるのが、重量の表記がポンド表記なところです。

ブロックダンベルはアメリカの会社が開発したものなので、重量もポンド表記が一般的です。

キロ表記に慣れている日本人からするとポンド表記なのは少し気になる点です。

ただ、慣れてしまえば、ポンド表記でもあまり気にならないと思います。

ダイヤル式アジャスタブルダンベル

ダイヤル式ダンベルは、ダイヤルを設定したい重量に調整するだけで簡単に重量を変更できるダンベルです。

たった数秒で重さを変更できるため、プレートを外すのに比べると格段に使い勝手が良いです。

さらに、形状も一般的なダンベルに近いため、今までと同じような感覚でトレーニングが行えます。

形状もコンパクトで省スペースのため、収納にも困りません。

重量表記もキロ表記のため、一目見ただけで数値を確認できます。

スポンサーリンク

おすすめのダンベル

アイロテック ラバー ダンベル 40kgセット

片手20kgの40kgセットで、初心者から中級者まで対応できる重さとなっています。

ラバーダンベルのため、床面の保護やプレートがぶつかる音を軽減する効果もあります。

また、取り外し可能な可変式ダンベルで、トレーニングの強度に応じて簡単に重さを変えることができます。

価格も40kgセットとしてはかなりお得な金額となっています。

可変式パワーダンベルセット 90ポンド(約41kg)

ピンを抜き差しすることで、数秒で重さを変更できる、ブロックダンベルです。

重量を変えるたびに、プレートを外す手間が省けるので、ストレスなくトレーニングを行えます。

一般的なダンベルとは形状が異なるため、使用感が多少異なりますが、筋トレ上級者で使用している方が多いです。

また、収納スペースがコンパクトなのもメリットです。

MRG アジャスタブルダンベル 24kg

ダイヤルを回すだけで数秒で重量を変更できるダンベルです。

プレートを取り外す手間が省けるため、スピーディーなトレーニングが可能です。

2.5kg~24kgの15段階可変式で、キロ表記なので、一目で数値を確認できます。

収納もコンパクトでプレートで場所を取ることもありません。

まとめ

今回の記事では「ダンベルが売っている場所」「ダンベルの選び方」「おすすめのダンベル」について紹介しました。

ダンベルがあれば、自宅で様々な筋トレができるようになるので、本格的に筋トレを始めようと考えている方はダンベルを購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする